*

白鵬 やさぐれたキッカケは2013年九州場所の万歳三唱

公開日: 社会・政治

この記事の所要時間: 340

白鵬

いつのまにかヒールになってしまった横綱白鵬。

そのキッカケは、よく話題になる今年初場所の大関稀勢の里戦の「物言い」ではなく、おととし2013年11月九州場所の万歳三唱でした。

そこから微妙に負のスパイラルが始まったのです。

 

15日間 報道陣に無言を貫く

1月の初場所で大鵬の優勝記録を抜き、今場所は34に伸ばした横綱白鵬がバッシングされています。

発端は、今年1月の初場所13日目の稀勢の里戦で「同体取り直し」になったことについて、場所後に、

「子どもが見ても(勝ったのは白鵬だと)分かるような相撲だ」

「簡単に取り直しなんかやめてくれと思う」

「肌の色は関係ない。みんな同じ人間。土俵に上がってまげを結えば日本の魂なんです」

などと、審判部を批判したこと。

この発言が問題視された白鵬は、今場所の15日間、支度部屋で報道陣に完黙を通すという異常な事態となりました。

さらに、因縁の稀勢の里戦で、「横綱なのに『変化した』」と非難されます。

場所後の昨日の会見でようやく口を開いた白鵬は、稀勢の里戦のことを聞かれ、
「あれは変化ではない」と説明し「フラッシュ(カメラのシャッター音)うるさいな。本当に」といらだちを見せ、ますますヒール感が増しました。

また「思いはたくさんありますけど、それが伝わらない」と苦しい胸の内も口にしました。

 

白鵬が負けたら万歳三唱

故大鵬を師と仰ぎ、朝青龍を反面教師に、真摯で誠実な言動だった白鵬が、どうしてやさぐれてしまったのか。

きっかけは、おととし2013年11月九州場所、14日目の稀勢の里戦です。

仕切り中に長時間で睨み合うなど、両者とも気合い充分。

結果は、稀勢の里が上手投げで白鵬を破ります。

土俵を降りて力水をつけようとしている稀勢の里に対し、観客の「万歳!!」が響き渡りました。同じ九州人として恥ずかしい

モンゴル人力士は、彼らに有利なルールがあって勝っているわけではありません。

もし責めるとしたら、同じルールで強くなれない、勝てない日本人力士の方でしょう。

それなのにモンゴル人力士が勝ち続けることに嫌気する。

そんなケツの穴の小ささに呆れます。

時折、韓国人の身びいきのひどさを嘲笑する声がありますが、彼らと同じレベルですよ。

観客の万歳について聞かれた白鵬は、
「今まで頑張ってきたことはいったい何だったんだろうなぁ」と語りました。

 

努力を積み重ねて真摯に横綱の地位を守ってきたのに

CMでの「力士には向いていない。誰もがそう思った」頃から、私には想像すら出来ない努力を積み重ねて体を作り、力を付け、技を磨いて出世しました。

朝青龍引退後は、長年1人で真摯に横綱の地位を守り、勝ち続けてきました。

東日本大震災では、カップラーメン1万食やローソク100万本、そして土俵も贈呈するなど多大な支援をしました。

なのに、日本人力士に負けると「万歳!」が連呼される。

悔しかったし、むなしかったのではないでしょうか。

 

そしてまた稀勢の里戦で日本人びいき?

1月初場所の稀勢の里戦取り直しは、その延長線上にあります。

白鵬は間違いなく稀勢の里に勝ったという手応えがあったのに、「また日本人びいきか」という思いにかられたのでしょう。

それが場所後の審判部批判につながったのだと思います。

また、賞金の受け取る態度が悪いと言われたり、寄り切った相手の背中を土俵下でだめ押ししたと注意を受けたことなども、不満が溜まっていたのでしょう。

さらに、相撲部屋を開くのに必要な年寄名跡の襲名には「日本国籍」が必要で、日本に帰化していない白鵬にはその権利がありません。

「努力を重ねて前人未到の実績を残したのに」という不満があっても不思議ではありません。

 

モンゴルでのスピーチが曲げて報道される

白鵬は、モンゴルで日本の国民栄誉賞にあたる「労働英雄賞」を受賞しました。

モンゴル初の親子2代での受賞です。

2月27日の授与式で、白鵬は次のようにスピーチしました。

「父はいつも、『私は20世紀にモンゴル相撲の横綱になり、息子は21世紀に大相撲の横綱になった』と言っていました。

2世紀に渡り親子横綱となり、モンゴルだけではなく、世界に2つとない親子英雄、労働英雄となったことを大変うれしく思います。」

「私は大変恵まれている人間です。

この祖国で生まれ、日本で育ち、大相撲のおかげで大きく成長して現在の地位に就きました。

これからは2国間の架け橋として力を尽くします。」

それが、日本では「父は20世紀の大横綱、私は21世紀の大横綱になった」とスピーチしたと報道されました。

実際のスピーチとはニュアンスが全く異なり、傲慢に感じます。

その不信感も、報道陣にたいする完黙につながったのではないでしょうか。

 

観客のブーイングは稀勢の里に対して?

スポーツ紙では、今場所の6.5秒で終わった稀勢の里戦について、観客は「変化した白鵬」へブーイングやヤジを浴びせたと伝えています。

そもそも横綱はなぜ変わっていけないのでしょうか。

ルールに書いてあるわけではないのに「いつのまにか」そんな空気になっていたというのが実情です。

そして稀勢の里戦については、評論家や報道関係者の中には、あれは変わったのではなく、ブーイングもコロリとやられた稀勢の里に対するものだと感じた人も多いようです。

白鵬という稀代の大横綱が、このままヒールとして定着しまうとしたら残念で仕方がありません。

本人も、周囲も、マスコミも、皆がボタンの掛け違いを改めて欲しいと願います。

スポンサードリンク

スポンサードリンク

関連記事

高崎山の猿の名前 投票1位だったら佳子様と名付けるのか?

大分・高崎山のサルの赤ちゃんに、イギリス王女と同じシャーロットと名付けて騒動になっている件。

記事を読む

「熊本龍田中Amazon疑惑」ナゼ寄付した人がいたのか?

  問題の「熊本市立龍田小中学校 Amazonほしい物リスト疑惑」。 このようなあ

記事を読む

【画像特集】広島土砂災害で頑張る災害救助犬たち

8月20日に広島で発生した大規模土砂災害は、25日正午の時点で、まだ28人の方が行方不明とな

記事を読む

皇太子ご一家 厳重規制で 伊勢神宮参拝中

昨日28日に伊勢入りした皇太子ご一家は、昨日伊勢入りされ、本日は、伊勢神宮を参拝されています

記事を読む

野々村議員を刑事告発 その裏に見える兵庫県議会の思惑(2)

前記事:野々村議員を刑事告発 その裏に見える兵庫県議会の思惑(1)の続きです。 なぜ、

記事を読む

Message

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

スポンサードリンク


  • ※PCでご覧の場合、動画下の『動画の拡大はこちら』をクリックするとポップアップが開きます。ポップアップ画面以外をクリックすると元に戻ります

  • ★熊本地震直後の道路が寸断されていた時期。
    2人の中国人青年が、福岡から南阿蘇の避難所まで片道約130kmの距離を、往復12時間以上掛けて、支援物資を運びました。
    最後に青年はこう語りました「私の名前を覚えて欲しくない。今日の支援品を寄付した在日中国人70人を代表した『中国人』という名前で覚えて貰えばいい」
    かっこよすぎます。
         
    動画の拡大はこちら

  • ★再生回数170万回!
    ホンダ熊本工場に隣接するHSR九州で Enjoy HONDA 熊本 2015で行なわれた『Honda Racing 2&4 パフォーマンス』。
    スーパーGTの NSX CONCEPT-GT と、2013年型 Moto GP RC213V のバトルです
         
    動画の拡大はこちら

  • ★Enjoy HONDA 熊本 2015で行なわれた『Honda Racing 2&4 パフォーマンス』。
    スーパーGT 3.4L時代のマシン HSV-010 GTと、昨シーズンのMoto GPチャンピオンマシン RC213V のバトルです
         
    動画の拡大はこちら

  • ★同じくEnjoy HONDA 熊本 2015で行なわれた『交通機動隊の白バイデモンストレーション』。
    超絶テクニックを軽々とこなします。
         
    動画の拡大はこちら

  • ★日産の #熱駐症 ゼロプロジェクトの動画。
    駐車中の閉め切った車内は急激に温度が上昇し、炭酸飲料のペットボトルや缶のフタを飛ばし、コーヒーは溢れ出し、食べ物は溶け出し、感熱紙の文字は消え、そしてチャイルドシードの、、、
         
    動画の拡大はこちら

  • ★K9(警察犬)の判断力の凄さが分かる動画です。
    まず、トレーナー(黒マスクの男性)から指示されると、初対面の黒人男性を即座に警護対象者と認識。
    暴漢役を含め、複数の人が次々と頭を撫ぜたり、警護対象者と握手をしたりしますが、K9は伏せの姿勢のまま。
    しかし、暴漢役がナイフを取り出した瞬間に腕に咬みつきます。
    暴漢役の防護服を認識している(怪しんでいる)点はあるでしょうが、武器や攻撃行動を察知する判断力とそのスピードに驚嘆します。
         
    動画の拡大はこちら

  • ★アメ車のシボレーのCM。
    ですが、クルマはほとんど出てきません。
    年老いたゴールデン・レトリバーと飼い主の若い女性との思い出のシーンが流れます。
    私は、ボーイフレンドに唸り声を上げるところがお気に入りですw
    ただ前半は、犬がずっと老け顔で(顔の毛が白い)、女性も年齢が変わらないように見えるので、時間の経過が分かりにくいのが欠点です。
         
    動画の拡大はこちら

  • ★世界中で話題になったパンパースのCM。
    赤ちゃんの1歳は、ママになってからの1周年。
    そのママに贈る、パパからのサプライズです。
         
    動画の拡大はこちら

  • ★ハロウィンには、孫達も友達の家を回ってお菓子をもらってました。
    アメリカのTV番組での「子供が貰ってきたハロウィンキャンディーを、親が食べてしまったと言った時の子供の反応をYouTubeに投稿してください」の2015年版です。
    子供にとっては、たちの悪いイタズラですが、爆笑してしまいます。
         
    動画の拡大はこちら

  • ★同じくハロウィンキャンディーの2013年版。
    個人的には、この年のが一番面白いと思います。
    涙が出るほど笑えます。
         
    動画の拡大はこちら

  • ★泣けるCM
    岩手県の音楽教室のCM。娘の結婚式で父親がつたないピアノを弾き始めます。その理由は?...泣けます
         
    動画の拡大はこちら

  • ★【閲覧注意】運転中にメールしていたために、多くの人の運命が変わってしまう「安全運転啓発CM」。事故の瞬間や事故対応の様子がとてもリアルに描かれています。
         
    動画の拡大はこちら

  • ★ブラジルの「どっきりカメラ」の番組が、たまにはいいことをしようと、障害者用駐車スペースに停めた健常者のクルマに、ポストイットを貼りまくってお仕置きをしました。
    使ったポストイットは1万枚。車いすマークもきれいに描かれています。
    戻ってきたドライバーは、皆に見られ、冷やかされながら、必死で剥がそうとしますが、ほとんど剥がれません。
    白バイ警官が証拠の写メを撮っている中、逆上しながら走り去って行きました。
    第1弾はこちら→車いすマークペイント編
         
    動画の拡大はこちら

  • ★非難が殺到したアメリカのCM。
    トラックの荷台から転げ落ちたゴールデンレトリバーの子犬「バディ」が、苦難の末、ようやく家に帰り着きます。
    大喜びする飼い主の口から信じられない言葉が。
    「Oh!バディ!会えて嬉しいわ!」
    「だってGoDaddyで作ったサイトで、あなたはもう売れてたのよ」
    バディは業者の車に積まれ、「ドメインとウェブサイトをGoDaddyでゲットしよう」というメッセージで終わります。
         
    動画の拡大はこちら

  • ★2013年8月の広島土砂災害には多くの災害救助犬が出動しましたが、その中の1頭の夢之丞(ゆめのすけ)は、動物管理センターで殺処分寸前に、NGO ピースウィンズ・ジャパン(PWJ)に引き取られました。その引き取られたところから広島に出動するまでの感動の動画です。
    関連記事:【画像特集】広島土砂災害で頑張る災害救助犬たち
         
    動画の拡大はこちら

  • ★オードリー・ヘップバーン出演のチョコレートのCM。しかしこの動画はフルCG! クオリティの高さに驚きます。
         
    動画の拡大はこちら

 
PAGE TOP ↑