*

ラッシュ/プライドと友情(2) 1976年F1世界選手権inジャパン観戦記とその後

公開日: レビュー

この記事の所要時間: 443

オートスポーツ

映画『ラッシュ/プライドと友情』のクライマックスシーンとなった1976年F1世界選手権inジャパン。

当時、そのレースを現地で見ていました。
レースの結末は、翌年、多くの運命を変えてしまうことに。

当時のレアな写真もアップしています。

前記事:ラッシュ/プライドと友情(1) ラウダとハントの実録映画[ネタバレ]

 

生で見た1976年F1世界選手権inジャパン

『ラッシュ(公式サイト)』のクライマックスの舞台となった1976年F1世界選手権inジャパン。
現地で観戦していました。

初めてみるF1マシン。

マクラーレンのマルボロカラーは、写真や映像で見るより蛍光オレンジなのに驚き、事故から脅威のカムバックをしたラウダに感動し、コスワースDFVやフェラーリやアルファロメオのフラット12,マトラのV12のエキゾーストノートを堪能しました。

予選では、指定席や自由席を勝手に行き来でき(当初の鈴鹿もそうでしたが)、規制も甘く、100Rからヘヤピンへのイン側では、ジュラルミンのカメラバッグを踏み台にしてフェンスの上からインベタで走る各マシンを間近で撮影できました。

 

豪雨の決勝は中止の危機!

そして迎えた決勝日。

前夜から豪雨になり、スタート時刻の13:30になっても降りやみません。

現在の富士スピードウェイよりはるかに水はけが悪く、コースのあちこちに水たまりができ、霧も出て、スタートはディレイされます。

高額なチケット代と旅費を使って、ようやく観に来た日本初のF1GP。
中止になってはたまりません。

雨の中、雨具を着て、びしょ濡れの土手に座り、ジリジリしながら待ちます。

主催者側としても中止は避けたいに違いなく、17時の日没から逆算し、ギリギリの15時にようやくというか、無理矢理スタートしました。

 

ラウダがいない?!

そして早々にラウダがリタイヤ。

しかし、大型ビジョンも無く、場内アナウンスも途切れ途切れにしか聞こえず、肝心のコースもウォータースクリーン状態でよく見えない状況では「ラウダがリタイヤしたかも?」という程度しか分からず、リタイヤ理由は翌日のスポーツ新聞で知りました。

ゴールが近くなるとかなり暗くなり、テレビ映像は実際よりもさらに暗かったらしく、中継を観ていた友人によると、(真っ黒な)JPSロータスなどは闇夜のカラス状態で、ほとんど見えなかったとのこと。

そんな夕闇の中、4位以上でチャンピオン獲得のハントがトップを独走しチャンピオン確定と思えましたが、雨が上がった路面でレインタイヤが摩耗しズルズルと後退。
ピットインで、5位に落ちます。

それから激しい追い上げを見せ、場内は大興奮。

劇的な逆転劇を目の前で見ることができました。

 
冒頭の写真は、このレースと翌年の日本GPのオートスポーツ特集号です。

本棚を探したら出てきました。
かなり傷んでますが。

なお2月16日迄、オートスポーツウェブで、この写真右側の1976年F1世界選手権inジャパン特集号全ページを無料公開中です。

 

そして、1977年のラウダと日本GPの大惨事

ラウダが自分の判断でリタイヤしたことに、ドライバーはマシンのパーツ程度としか思っていなかった(という説が有る)エンツォ・フェラーリは激怒し、2人の関係は破綻します。

翌年の1977年にチャンピオンを獲得したラウダは、カナダと日本の2戦を残してさっさとチームを離脱。

替わりに起用されたジル・ヴィルヌーヴは、日本GP決勝の1コーナーでロニー・ピーターソンのティレル6輪車と接触。

リヤタイヤに乗り上げて宙を舞い観客に飛び込み、観客と警備員2名死亡という日本のモータースポーツ史上最悪とも言っていい惨事になります。

観客は1コーナーの立入禁止区域に金網フェンスを破って侵入しており、場内アナウンスで退去を呼びかけるのを、ヘヤピンで観戦していた私も聞きました。

観客は一旦退去したものの、レース開始後に再度数百人が侵入し、レースはそのまま続行。

そこにヴィルヌーヴのマシンが飛び込みました。

 

F1とモータースポーツを責め立てるマスコミ

ヴィルヌーヴは6輪車のコーナリングの挙動に慣れておらず、ラインを見誤ったという説が有りますが、いずれにしてもレーシングインシデントであり、ヴィルヌーヴやF1側に観客死亡の責任はありません。

ストレートエンドのエスケープゾーンに侵入した観客を退去させずにレースを続行した、主催者の責任です。

しかし、翌日以降の新聞やテレビは、この事故を大きくセンセーショナルに取り上げ「レース≒暴走族≒危険」といった論調で責め立てました。

ただでさえモータースポーツの理解が少ない中(現在もそうですけどね)、F1は害悪のような扱いになっていきました。

その世論に押されるようにと言うより、前年の赤字でスポニチが撤退したため、いわば仕方なく引き継いだJAFは、世論に乗っかるカタチで翌年以降の開催契約を解除し、1987年の鈴鹿まで日本はF1空白期間となります。

 

歴史のif

もし1976年の富士で豪雨にならなかったら、ラウダはリタイヤせず、チャンピオンを獲得し、エンツォとの確執も生じず、翌年に2戦を残してチームを離脱することも無く、日本GPでもラウダが走り、事故は起きず、富士での日本GPは続行されていたでしょう。

さらに、ラウダが去る前にヴィルヌーヴは契約していましたから翌年からフェラーリに乗った可能性が高いですが、ラウダも残留し、翌年以降のドライバーラインナップが変わったと思います。

76年のラウダのリタイヤは、バタフライ・エフェクトのように、多くの運命を変えたと思います。

その意味でも『ラッシュ』のリタイヤシーンは、考え深いものでした。

ちなみに富士スピードウェイは、後年、トヨタが買収して改修し、2007年に開催された日本GPでも悪天候で大混乱したことは、記憶に新しいところです。

今後、富士スピードウェイでF1が開催される可能性は無いでしょうが、中止や延期の影響が大きい国際レースを開催するには不向きな立地だと言えるでしょう。

 

1977年の写真です

1976年の写真は見つからず、1977年日本GPの写真を数枚だけ見つかりました。
リバーサル(スライド用)フィルムをデジカメで複写したので、画質が悪くなっています。

1977年日本GP  1977年日本GP  1977年 日本GP
1977年日本GP  1977年 日本GP

左上から順に

1:ピットのマクラーレンM26。右端にハントが見えます。タイヤの横にツールボックスが見えますが、現在のカートのピットの方がゴージャスですよね

2:ラウダのカーナンバー11の312T2に乗る「新人」のジル・ヴィルニューヴ。予選は後ろから4番目に沈みます。ヘルメットはまだ「Labatt」ではありません。ボディ下部に「コーンズ」のステッカーも見えます。

3:ヴィルニューヴが決勝の1コーナーでリヤタイヤに乗り上げたティレル(当時の読みはタイレル)P34のロニー・ピーターソン

4:F1に大変革を起こした「グランドエフェクトカー」のロータス78のマリオ・アンドレッティ。翌年、さらに発展したロータス79は、アンドレッティとピーターソンで、予選で2秒離すという異次元の速さを見せ、他チームをぶっち切ることになります

5:77年の日本GPだけに出走した限定インペリアルカラーのロータス78。ドライバーはグンナー・ニルソン

 

スポンサードリンク

スポンサードリンク

関連記事

週刊文春「雅子さま 叱らない子育ての是非」を考えてみる

  週刊文春が、愛子様の問題行動の記事・第3弾として 「雅子さま『叱らない子育て』の是

記事を読む

週刊文春が暴露 愛子さま 富士急ハイランドの2日後 終業式は欠席

  週刊文春7月31号が「愛子の問題行動」の第4弾となる記事を掲載しました。 記事

記事を読む

愛子様 女性2誌が伝えた「初めての反抗」と「転校計画」

女性自身と女性セブンが、愛子さまについて報じました。 女性自身は愛子さまの「初めての反

記事を読む

【閲覧注意】洗濯機はカビだらけ 洗濯槽カビ取り剤を使ってみた

家の中の3大カビ発生場所は、浴室,洗濯機,エアコン。 そのひとつの洗濯槽のカビ取りをや

記事を読む

池上彰 韓国特番の「反日翻訳」捏造疑惑シーンを見てみる

6月5日に放送されたフジテレビの「池上彰緊急スペシャル 知っているようでよく知らない韓国のナ

記事を読む

Message

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

スポンサードリンク


  • ※PCでご覧の場合、動画下の『動画の拡大はこちら』をクリックするとポップアップが開きます。ポップアップ画面以外をクリックすると元に戻ります

  • ★熊本地震直後の道路が寸断されていた時期。
    2人の中国人青年が、福岡から南阿蘇の避難所まで片道約130kmの距離を、往復12時間以上掛けて、支援物資を運びました。
    最後に青年はこう語りました「私の名前を覚えて欲しくない。今日の支援品を寄付した在日中国人70人を代表した『中国人』という名前で覚えて貰えばいい」
    かっこよすぎます。
         
    動画の拡大はこちら

  • ★再生回数170万回!
    ホンダ熊本工場に隣接するHSR九州で Enjoy HONDA 熊本 2015で行なわれた『Honda Racing 2&4 パフォーマンス』。
    スーパーGTの NSX CONCEPT-GT と、2013年型 Moto GP RC213V のバトルです
         
    動画の拡大はこちら

  • ★Enjoy HONDA 熊本 2015で行なわれた『Honda Racing 2&4 パフォーマンス』。
    スーパーGT 3.4L時代のマシン HSV-010 GTと、昨シーズンのMoto GPチャンピオンマシン RC213V のバトルです
         
    動画の拡大はこちら

  • ★同じくEnjoy HONDA 熊本 2015で行なわれた『交通機動隊の白バイデモンストレーション』。
    超絶テクニックを軽々とこなします。
         
    動画の拡大はこちら

  • ★日産の #熱駐症 ゼロプロジェクトの動画。
    駐車中の閉め切った車内は急激に温度が上昇し、炭酸飲料のペットボトルや缶のフタを飛ばし、コーヒーは溢れ出し、食べ物は溶け出し、感熱紙の文字は消え、そしてチャイルドシードの、、、
         
    動画の拡大はこちら

  • ★K9(警察犬)の判断力の凄さが分かる動画です。
    まず、トレーナー(黒マスクの男性)から指示されると、初対面の黒人男性を即座に警護対象者と認識。
    暴漢役を含め、複数の人が次々と頭を撫ぜたり、警護対象者と握手をしたりしますが、K9は伏せの姿勢のまま。
    しかし、暴漢役がナイフを取り出した瞬間に腕に咬みつきます。
    暴漢役の防護服を認識している(怪しんでいる)点はあるでしょうが、武器や攻撃行動を察知する判断力とそのスピードに驚嘆します。
         
    動画の拡大はこちら

  • ★アメ車のシボレーのCM。
    ですが、クルマはほとんど出てきません。
    年老いたゴールデン・レトリバーと飼い主の若い女性との思い出のシーンが流れます。
    私は、ボーイフレンドに唸り声を上げるところがお気に入りですw
    ただ前半は、犬がずっと老け顔で(顔の毛が白い)、女性も年齢が変わらないように見えるので、時間の経過が分かりにくいのが欠点です。
         
    動画の拡大はこちら

  • ★世界中で話題になったパンパースのCM。
    赤ちゃんの1歳は、ママになってからの1周年。
    そのママに贈る、パパからのサプライズです。
         
    動画の拡大はこちら

  • ★ハロウィンには、孫達も友達の家を回ってお菓子をもらってました。
    アメリカのTV番組での「子供が貰ってきたハロウィンキャンディーを、親が食べてしまったと言った時の子供の反応をYouTubeに投稿してください」の2015年版です。
    子供にとっては、たちの悪いイタズラですが、爆笑してしまいます。
         
    動画の拡大はこちら

  • ★同じくハロウィンキャンディーの2013年版。
    個人的には、この年のが一番面白いと思います。
    涙が出るほど笑えます。
         
    動画の拡大はこちら

  • ★泣けるCM
    岩手県の音楽教室のCM。娘の結婚式で父親がつたないピアノを弾き始めます。その理由は?...泣けます
         
    動画の拡大はこちら

  • ★【閲覧注意】運転中にメールしていたために、多くの人の運命が変わってしまう「安全運転啓発CM」。事故の瞬間や事故対応の様子がとてもリアルに描かれています。
         
    動画の拡大はこちら

  • ★ブラジルの「どっきりカメラ」の番組が、たまにはいいことをしようと、障害者用駐車スペースに停めた健常者のクルマに、ポストイットを貼りまくってお仕置きをしました。
    使ったポストイットは1万枚。車いすマークもきれいに描かれています。
    戻ってきたドライバーは、皆に見られ、冷やかされながら、必死で剥がそうとしますが、ほとんど剥がれません。
    白バイ警官が証拠の写メを撮っている中、逆上しながら走り去って行きました。
    第1弾はこちら→車いすマークペイント編
         
    動画の拡大はこちら

  • ★非難が殺到したアメリカのCM。
    トラックの荷台から転げ落ちたゴールデンレトリバーの子犬「バディ」が、苦難の末、ようやく家に帰り着きます。
    大喜びする飼い主の口から信じられない言葉が。
    「Oh!バディ!会えて嬉しいわ!」
    「だってGoDaddyで作ったサイトで、あなたはもう売れてたのよ」
    バディは業者の車に積まれ、「ドメインとウェブサイトをGoDaddyでゲットしよう」というメッセージで終わります。
         
    動画の拡大はこちら

  • ★2013年8月の広島土砂災害には多くの災害救助犬が出動しましたが、その中の1頭の夢之丞(ゆめのすけ)は、動物管理センターで殺処分寸前に、NGO ピースウィンズ・ジャパン(PWJ)に引き取られました。その引き取られたところから広島に出動するまでの感動の動画です。
    関連記事:【画像特集】広島土砂災害で頑張る災害救助犬たち
         
    動画の拡大はこちら

  • ★オードリー・ヘップバーン出演のチョコレートのCM。しかしこの動画はフルCG! クオリティの高さに驚きます。
         
    動画の拡大はこちら

 
PAGE TOP ↑