*

今年のF1は 遅い・不格好・音が悪いの3重苦? タイムはSF並み?

公開日: モータースポーツ

この記事の所要時間: 331

 
大幅にレギュレーションが変更になった2014年のF1。

最初のテストでは、何と昨年の6秒落ちでスーパーフォーミュラ並みのタイム。

そして不格好なフロントノーズに、静かなエキゾースト・ノート。大丈夫か?F1

昨年、ルノースポーツF1が公開した2014年F1エンジン(パワーユニット)のマウント位置
昨年、ルノースポーツF1が公開した2014年F1エンジン(パワーユニット)のマウント位置

 

今年のF1は、去年より6秒以上遅い?!

1月末のヘレステストでは、ルノーユーザーがドツボにハマって、ほとんど走れませんでしたね。

今回のルノーは極端でしたが、テストの時に、いつも思うのは、ほとんどまともに走れないクルマやチームがいること。
いきなり全開で走れないのは当然でしょうが、ファクトリーで組み上げた際に「動く」ことくらいは確認できていないのか?
それも確認できていないまま、コストを掛けて、遠路テストコースにやって来くるのか?
不思議です。

ヘレスでは、メルセデス勢が順調にマイレージを稼ぎました。
しかし気になるのは、そのタイム。
去年より、約6秒遅いようです。

レギュレーションが大幅に変わって最初のテストですからクルマも仕上がっていないし、三味線を弾いてる可能性もありますから、この後、どんどん速くなるのかもしれませんが、鈴鹿に当てはめると、昨年の日本GPのポールタイムより「約6秒」遅くなった場合、昨年のスーパーフォーミュラ(SF)のポールタイムと比べ、たった約0.85秒速いだけです。

2013.10.12 マーク・ウェーバー Q3 1分30秒915
2013.11.9 第7戦 山本尚貴 Q3   1分37秒774 

別の見方をすると、F1の予選タイムが6秒遅くなった場合、山本尚貴のタイムは、Q3に進出しシングルグリッドをゲットできるものです。

F1の昨年の年間予算は、最高額のフェラーリが約2.5億ユーロ(約350億円)で、レッドブルが約2.3億(約322億)らしいです。
今年はフルチェンジしてますから、もっと増えると思います。
SFの年間予算はニュースソースはありませんが、5億円というところでしょうか。

フェラーリは、SFの実に70倍?!
SFより345億円多い予算を投じて、1秒足らず速いだけ。

コストパフォーマンスとして、どうなのでしょうか?

まあ、F1のコストパフォーマンスは、タイムではなくマーケティング効果で判断するものなのでしょう。
が、6秒も遅いと、サーキットで一瞬見ただけで分かりますから、観る側としては迫力が乏しくなり、面白みが無くなりますよね。

スピード抑制のための行き過ぎたレギュレーションは、やめて欲しいものです。

 

不格好なフロントノーズ

新レギュレーションに合わせた結果、不格好なフロントノーズが問題になっていますね。
去年の「段差ノーズ」もそうですが、レギュレーションを策定する際に、不格好になることを想像しないのでしょうか?

特に、多胡専務の鼻のようなノーズデザインのケータハムが、一番ぶさいくだと私は思いますが、同チームの新人ドライバーのマーカス・エリクソンは「速さがあれば、F1で一番醜くても構わない」とコメントしています。
エリクソンも「うわぁ、めっちゃぶさいくやん」と思ったのでしょうね(^o^)

しかし「速いマシンは美しい」と思いますが、「不格好で速いマシン」は記憶にありません。

ケータハムはルノーエンジンの問題もあり、レースペースにはほど遠いスピードでしか走れていませんので、まだ未知数ですが、
可夢偉がようやくシートを獲得したのですから、どうか「不格好でも速いマシン」であって欲しいと思います。

 

エキゾーストノートがつまらない

サーキットに初めて来た時に、最も驚き感激するのがエキゾーストノートだと思います。
テレビであの迫力は伝わりませんからね。

特にF1は、高回転時の高音が魅力だったと思います。

そう過去形です。

今年からの新エンジンのレギュレーション「1.6L ターボ V6エンジンで、最高回転数は15,000rpm」が発表された時から、エンジン音がつまらなくなると危惧されていました。
2006年から昨年までの「2.4L V8 18,000rpm」と比べてかなりのダウンサイジングですから。
実際、ヘレステストの映像を見ると、かなり低音になっています。
以前も1.5Lターボ時代があり低音でしたが、回転数制限が無かったので、まだ音が高かったと思います。

2006年に2.4Lになった時も、それまでの「3L V10 回転数制限無し」と比べ音が低くなりましたが、今回はその比ではないようです。

さらにそれ以前を懐古すると、1990年代前半は「3.5L V12」のホンダ,フェラーリ,ランボリギーニと、至高のF1サウンドの時代でした。
特に、ランボリギーニは最も美しいソプラノだったと思います。
鈴鹿のストレートを駆け抜けるたびにウットリと聞き惚れたものです。
クルマは遅かったですけど。

エンジンのダウンサイジングはヨーロッパのトレンドですし、
エネルギー回生システムの利用も、今後より拡大するでしょう。

排気量拡大と高回転化の時代は2度と来ないと思いますので、あのソプラノが帰ってくることはなく、これからは今年の低音が「F1サウンド」になっていくのでしょうね。

 
今日の話題とはズレますが、ロータス公式サイトのプロモ。
新加入のパストール・マルドナドを先輩のロマン・グロージャンがイジメ?ます。
最後のマルドナドの怒りっぷりが笑えます
スポンサー商品の紹介もシッカリやってます。


 

スポンサードリンク

スポンサードリンク

関連記事

ケータハムシート喪失!小林可夢偉がF1に乗るための方法

22日からのF1ベルギーGPで、ケータハムは小林可夢偉に替わり、アンドレ・ロッテラーを起用し

記事を読む

妄想 ホンダF1責任者「夏前に表彰台、今季末に優勝争い」

ホンダF1プロジェクト総責任者・新井康久氏が「夏前に表彰台を獲得し、シーズン終盤にはメルセデ

記事を読む

【速報】鈴鹿のF1日本GPで深刻なクラッシュ レースは赤旗中止

鈴鹿のF1日本GP決勝で、深刻なクラッシュが発生し、レースは赤旗終了となりました。 4

記事を読む

ケータハム 小林可夢偉が 来年もF1に乗るために必要なこと

2014年ケータハムのシートを獲得しF1にカムバックした小林可夢偉。 なぜ、昨シーズン

記事を読む

F1ケータハムが撤退へ! 小林可夢偉は鈴鹿を走れない?

F1村のウワサは本当 F1村にはいろんなウワサが流れます。 チーム運営に関するも

記事を読む

Message

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

スポンサードリンク


  • ※PCでご覧の場合、動画下の『動画の拡大はこちら』をクリックするとポップアップが開きます。ポップアップ画面以外をクリックすると元に戻ります

  • ★熊本地震直後の道路が寸断されていた時期。
    2人の中国人青年が、福岡から南阿蘇の避難所まで片道約130kmの距離を、往復12時間以上掛けて、支援物資を運びました。
    最後に青年はこう語りました「私の名前を覚えて欲しくない。今日の支援品を寄付した在日中国人70人を代表した『中国人』という名前で覚えて貰えばいい」
    かっこよすぎます。
         
    動画の拡大はこちら

  • ★再生回数170万回!
    ホンダ熊本工場に隣接するHSR九州で Enjoy HONDA 熊本 2015で行なわれた『Honda Racing 2&4 パフォーマンス』。
    スーパーGTの NSX CONCEPT-GT と、2013年型 Moto GP RC213V のバトルです
         
    動画の拡大はこちら

  • ★Enjoy HONDA 熊本 2015で行なわれた『Honda Racing 2&4 パフォーマンス』。
    スーパーGT 3.4L時代のマシン HSV-010 GTと、昨シーズンのMoto GPチャンピオンマシン RC213V のバトルです
         
    動画の拡大はこちら

  • ★同じくEnjoy HONDA 熊本 2015で行なわれた『交通機動隊の白バイデモンストレーション』。
    超絶テクニックを軽々とこなします。
         
    動画の拡大はこちら

  • ★日産の #熱駐症 ゼロプロジェクトの動画。
    駐車中の閉め切った車内は急激に温度が上昇し、炭酸飲料のペットボトルや缶のフタを飛ばし、コーヒーは溢れ出し、食べ物は溶け出し、感熱紙の文字は消え、そしてチャイルドシードの、、、
         
    動画の拡大はこちら

  • ★K9(警察犬)の判断力の凄さが分かる動画です。
    まず、トレーナー(黒マスクの男性)から指示されると、初対面の黒人男性を即座に警護対象者と認識。
    暴漢役を含め、複数の人が次々と頭を撫ぜたり、警護対象者と握手をしたりしますが、K9は伏せの姿勢のまま。
    しかし、暴漢役がナイフを取り出した瞬間に腕に咬みつきます。
    暴漢役の防護服を認識している(怪しんでいる)点はあるでしょうが、武器や攻撃行動を察知する判断力とそのスピードに驚嘆します。
         
    動画の拡大はこちら

  • ★アメ車のシボレーのCM。
    ですが、クルマはほとんど出てきません。
    年老いたゴールデン・レトリバーと飼い主の若い女性との思い出のシーンが流れます。
    私は、ボーイフレンドに唸り声を上げるところがお気に入りですw
    ただ前半は、犬がずっと老け顔で(顔の毛が白い)、女性も年齢が変わらないように見えるので、時間の経過が分かりにくいのが欠点です。
         
    動画の拡大はこちら

  • ★世界中で話題になったパンパースのCM。
    赤ちゃんの1歳は、ママになってからの1周年。
    そのママに贈る、パパからのサプライズです。
         
    動画の拡大はこちら

  • ★ハロウィンには、孫達も友達の家を回ってお菓子をもらってました。
    アメリカのTV番組での「子供が貰ってきたハロウィンキャンディーを、親が食べてしまったと言った時の子供の反応をYouTubeに投稿してください」の2015年版です。
    子供にとっては、たちの悪いイタズラですが、爆笑してしまいます。
         
    動画の拡大はこちら

  • ★同じくハロウィンキャンディーの2013年版。
    個人的には、この年のが一番面白いと思います。
    涙が出るほど笑えます。
         
    動画の拡大はこちら

  • ★泣けるCM
    岩手県の音楽教室のCM。娘の結婚式で父親がつたないピアノを弾き始めます。その理由は?...泣けます
         
    動画の拡大はこちら

  • ★【閲覧注意】運転中にメールしていたために、多くの人の運命が変わってしまう「安全運転啓発CM」。事故の瞬間や事故対応の様子がとてもリアルに描かれています。
         
    動画の拡大はこちら

  • ★ブラジルの「どっきりカメラ」の番組が、たまにはいいことをしようと、障害者用駐車スペースに停めた健常者のクルマに、ポストイットを貼りまくってお仕置きをしました。
    使ったポストイットは1万枚。車いすマークもきれいに描かれています。
    戻ってきたドライバーは、皆に見られ、冷やかされながら、必死で剥がそうとしますが、ほとんど剥がれません。
    白バイ警官が証拠の写メを撮っている中、逆上しながら走り去って行きました。
    第1弾はこちら→車いすマークペイント編
         
    動画の拡大はこちら

  • ★非難が殺到したアメリカのCM。
    トラックの荷台から転げ落ちたゴールデンレトリバーの子犬「バディ」が、苦難の末、ようやく家に帰り着きます。
    大喜びする飼い主の口から信じられない言葉が。
    「Oh!バディ!会えて嬉しいわ!」
    「だってGoDaddyで作ったサイトで、あなたはもう売れてたのよ」
    バディは業者の車に積まれ、「ドメインとウェブサイトをGoDaddyでゲットしよう」というメッセージで終わります。
         
    動画の拡大はこちら

  • ★2013年8月の広島土砂災害には多くの災害救助犬が出動しましたが、その中の1頭の夢之丞(ゆめのすけ)は、動物管理センターで殺処分寸前に、NGO ピースウィンズ・ジャパン(PWJ)に引き取られました。その引き取られたところから広島に出動するまでの感動の動画です。
    関連記事:【画像特集】広島土砂災害で頑張る災害救助犬たち
         
    動画の拡大はこちら

  • ★オードリー・ヘップバーン出演のチョコレートのCM。しかしこの動画はフルCG! クオリティの高さに驚きます。
         
    動画の拡大はこちら

 
PAGE TOP ↑