*

GP2より遅いF1に存在価値があるのか?

公開日: モータースポーツ

この記事の所要時間: 48

メルセデスF1 2014

F1スペインGPの予選でケータハムの小林可夢偉は最下位に終わりました。
GP2より遅いタイムです。

今年のF1は面白くありません。
はたして存在意義があるのでしょうか?

 

GP2に惨敗の小林可夢偉・ケータハム

5月10日のF1スペインGPの予選で、小林可夢偉は22台中21位に終わりました。

Q1(予選1回目)で可夢偉がフィニッシュした時点では19位で、BSフジ解説陣の川井ちゃんや森脇さんが、マルシャやチームメイトに勝ったと話していましたが、その最中に、そのマルシャのビアンキやチームメイトに抜かれてしまいました。

ロータスのマルドナドがQ1開始直後にクラッシュしてノータイムでしたので、実質的には最下位です。

そのタイムは、1’30″375。

それに対して、前座レースのGP2のポールタイムは1’29″293で、可夢偉より1秒082も速いものです。

予選方式の違いがありますので単純に比較はできませんが、可夢偉の1’30″375はGP2の26台中14位に相当し、17位の佐藤公哉のちょい前でスタートするタイムです。

前記事今年のF1は 遅い・不格好・音が悪いの3重苦? タイムはSF並み?でも書きましたが、今年のF1は昨年よりはるかに遅くなっています。

その記事では、F1とスーパーフォーミュラとの予算比較をしました。
GP2も同じようなものでしょうから、ケータハムが低予算とはいえ、GP2と比較すると数十倍はあるでしょう。

それでいて、GP2で26台中14位のタイムしか出せないというのは、存在意義があるのでしょうか?

レギュレーション上不可能ですが、GP2のマシンを買って参戦することができれば、今よりはるかに安い予算でマルシャに勝てるのですから。

 

鈴鹿ではスーパーフォーミュラがF1に勝つ?

今年のスーパーフォーミュラマシンは新車になり、ダラーラ製のSF14シャーシ+2L直列4気筒直噴ターボ+ブリジストンの組み合わせです。

昨年型より、コーナリングスピードが速く、前車の影響を受けにくい空力特製で追い抜きがしやすくなっていて、ドライバーも高く評価しています。

4月12日の第1戦鈴鹿の予選では、PPが1’37″022,最下位が1’39″615となっています。

昨年のF1日本GPのタイムは1’30″915〜1’35″858ですが、今年のF1は今のところ昨年の5秒落ちですから、そのまま当てはめると1’35″915〜1’40″858。

もうちょっと頑張れば、SF14はF1に勝てるかもしれません。

先日のスーパーフォーミュラTVでも、中嶋と星野が対談し、SF14はまだ煮詰まっていないので、もっともっと速くなってF1とのタイム差が縮まると話していました。

エンジンも4戦毎にアップデートするので、秋の鈴鹿の頃には、今より確実に性能アップしています。

もちろんF1も、もっともっと速くなるでしょうが、F1の場合、少なくとも表向きにはパワーユニットの開発は凍結されていますから、あからさまな性能アップは無いはずです。

今年の鈴鹿で、F1がSF14のポールタイムに負けるというSMテイストな結果を期待します。

そうすれば、今のF1レギュレーションの愚かさがクローズアップされるかもしれませんから。

 

エキゾーストにメガホン?

これも前記事今年のF1は 遅い・不格好・音が悪いの3重苦? タイムはSF並み?で書きましたが、F1のエキゾーストノートは大不評です。

中継を見てると、箱車レースなみの静かな音ですね。

現場では、もっと迫力があるのでしょうが、川井ちゃんの話しでは、ピットレーンでヘッドセットをしていたスタッフがマシンの接近音に気付かず、敷かれそうになったそうです。

FIAではブーイングの嵐を受け、排気管に「メガホンのようなモノ」を増設しようとしています。

来週のバルセロナテストで試行されるようですが、昨年並みの音になるとかならないとか。

エキゾーストノートの変えるためだけにパーツを取り付けるというのはマヌケな気がしますが、今のしょぼい音のままよりはいいかもしれません。

 

今年のF1は面白くない

今年のF1にはあまり興味が持てません。
放送時間を忘れてしまうこともしばしばです。

なぜか?

やはり前述の「遅い・音が悪い」で迫力が欠けるのに加え、メルセデスの独走で面白みに欠けるというのがあります。
独走のメルセデスは、まだ力を隠していて、ライバルとのギャップを自在に調整しているフシさえあります。

もちろん、メルセデスが速いのは彼らの努力が結実したものですから賞賛しますが、ルノーやフェラーリの不甲斐なさには失望します。
ルノーがまともだったら、可夢偉ももう少し戦えたでしょうに。

その可夢偉ですが序盤戦こそQ2に進出したり、13位という決勝結果を残しました。

ケータハムという環境で頑張っているのは伝わりますし、英AUTOSPORTのレース毎のドライバーレビューでも、毎回高い評価を受けていますが、今回のスペインGP予選では前述のようにチームメイトにも負けて最下位でした。

前記事のケータハム 小林可夢偉が 来年もF1に乗るために必要だと思うことでも書きましたが、ド新人のチームメイトに負けたらダメです。
マシントラブルで止まらない限り「どんな事情があっても」です。

これで、私が前記事で挙げた「3つの条件」の内、ひとつは崩れてしまいました。

残る2つの内のひとつの「ポイント複数回ゲット」。

これもザウバーを食うどころか、マルシャにも置いて行かれそうな気配がしていますので、難しそうです。

最後尾のチームに移籍した日本人ドライバーと言えば、片山右京と高木虎之介を思い出します。

その後は、佐藤琢磨で君が代の夢を見ました。

琢磨もスーパーアグリという最後尾チームに移りましたが、スーパーアグリは本来、ホンダと同じマシンを使うという夢がありました。
その夢は、ホンダがハシゴを外したことで消えてしまいましたが。

日本人ドライバーが優勝する夢を見たファンとしては、最後尾のチームで苦労するのを見るのは切な過ぎます。

私は特段に悲観論者ではないと思いますが、今年のケータハムがこれから中位以上の結果を出せると思う程の楽観論者でもありません。

これまでの片山右京と高木虎之介と同様に、結局這い上がれないのでしょう。

GP2と大差ないスピードで、GPより静かな音、1チームが独走し、日本人ドライバーは最後尾チームであえいでて、おまけにマシンはブサイク。

F1への関心を繋いでいく理由が見当たりません。

 

スポンサードリンク

スポンサードリンク

関連記事

F1ケータハムが撤退へ! 小林可夢偉は鈴鹿を走れない?

F1村のウワサは本当 F1村にはいろんなウワサが流れます。 チーム運営に関するも

記事を読む

ケータハムシート喪失!小林可夢偉がF1に乗るための方法

22日からのF1ベルギーGPで、ケータハムは小林可夢偉に替わり、アンドレ・ロッテラーを起用し

記事を読む

【速報】鈴鹿のF1日本GPで深刻なクラッシュ レースは赤旗中止

鈴鹿のF1日本GP決勝で、深刻なクラッシュが発生し、レースは赤旗終了となりました。 4

記事を読む

史上初! NSX CONCEPT-GT vs. RC213V エンジョイホンダ熊本2014

Enjoy HONDA熊本2014での、スーパーGTのNSX CONCEPT-GT vs.

記事を読む

琢磨参戦!13日開幕フォーミュラEのファンブースト投票方法

9月13日、フォーミュラE第1戦が北京で開催されます。 新規格の電気自動車のフォーミュ

記事を読む

Message

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

スポンサードリンク


  • ※PCでご覧の場合、動画下の『動画の拡大はこちら』をクリックするとポップアップが開きます。ポップアップ画面以外をクリックすると元に戻ります

  • ★熊本地震直後の道路が寸断されていた時期。
    2人の中国人青年が、福岡から南阿蘇の避難所まで片道約130kmの距離を、往復12時間以上掛けて、支援物資を運びました。
    最後に青年はこう語りました「私の名前を覚えて欲しくない。今日の支援品を寄付した在日中国人70人を代表した『中国人』という名前で覚えて貰えばいい」
    かっこよすぎます。
         
    動画の拡大はこちら

  • ★再生回数170万回!
    ホンダ熊本工場に隣接するHSR九州で Enjoy HONDA 熊本 2015で行なわれた『Honda Racing 2&4 パフォーマンス』。
    スーパーGTの NSX CONCEPT-GT と、2013年型 Moto GP RC213V のバトルです
         
    動画の拡大はこちら

  • ★Enjoy HONDA 熊本 2015で行なわれた『Honda Racing 2&4 パフォーマンス』。
    スーパーGT 3.4L時代のマシン HSV-010 GTと、昨シーズンのMoto GPチャンピオンマシン RC213V のバトルです
         
    動画の拡大はこちら

  • ★同じくEnjoy HONDA 熊本 2015で行なわれた『交通機動隊の白バイデモンストレーション』。
    超絶テクニックを軽々とこなします。
         
    動画の拡大はこちら

  • ★日産の #熱駐症 ゼロプロジェクトの動画。
    駐車中の閉め切った車内は急激に温度が上昇し、炭酸飲料のペットボトルや缶のフタを飛ばし、コーヒーは溢れ出し、食べ物は溶け出し、感熱紙の文字は消え、そしてチャイルドシードの、、、
         
    動画の拡大はこちら

  • ★K9(警察犬)の判断力の凄さが分かる動画です。
    まず、トレーナー(黒マスクの男性)から指示されると、初対面の黒人男性を即座に警護対象者と認識。
    暴漢役を含め、複数の人が次々と頭を撫ぜたり、警護対象者と握手をしたりしますが、K9は伏せの姿勢のまま。
    しかし、暴漢役がナイフを取り出した瞬間に腕に咬みつきます。
    暴漢役の防護服を認識している(怪しんでいる)点はあるでしょうが、武器や攻撃行動を察知する判断力とそのスピードに驚嘆します。
         
    動画の拡大はこちら

  • ★アメ車のシボレーのCM。
    ですが、クルマはほとんど出てきません。
    年老いたゴールデン・レトリバーと飼い主の若い女性との思い出のシーンが流れます。
    私は、ボーイフレンドに唸り声を上げるところがお気に入りですw
    ただ前半は、犬がずっと老け顔で(顔の毛が白い)、女性も年齢が変わらないように見えるので、時間の経過が分かりにくいのが欠点です。
         
    動画の拡大はこちら

  • ★世界中で話題になったパンパースのCM。
    赤ちゃんの1歳は、ママになってからの1周年。
    そのママに贈る、パパからのサプライズです。
         
    動画の拡大はこちら

  • ★ハロウィンには、孫達も友達の家を回ってお菓子をもらってました。
    アメリカのTV番組での「子供が貰ってきたハロウィンキャンディーを、親が食べてしまったと言った時の子供の反応をYouTubeに投稿してください」の2015年版です。
    子供にとっては、たちの悪いイタズラですが、爆笑してしまいます。
         
    動画の拡大はこちら

  • ★同じくハロウィンキャンディーの2013年版。
    個人的には、この年のが一番面白いと思います。
    涙が出るほど笑えます。
         
    動画の拡大はこちら

  • ★泣けるCM
    岩手県の音楽教室のCM。娘の結婚式で父親がつたないピアノを弾き始めます。その理由は?...泣けます
         
    動画の拡大はこちら

  • ★【閲覧注意】運転中にメールしていたために、多くの人の運命が変わってしまう「安全運転啓発CM」。事故の瞬間や事故対応の様子がとてもリアルに描かれています。
         
    動画の拡大はこちら

  • ★ブラジルの「どっきりカメラ」の番組が、たまにはいいことをしようと、障害者用駐車スペースに停めた健常者のクルマに、ポストイットを貼りまくってお仕置きをしました。
    使ったポストイットは1万枚。車いすマークもきれいに描かれています。
    戻ってきたドライバーは、皆に見られ、冷やかされながら、必死で剥がそうとしますが、ほとんど剥がれません。
    白バイ警官が証拠の写メを撮っている中、逆上しながら走り去って行きました。
    第1弾はこちら→車いすマークペイント編
         
    動画の拡大はこちら

  • ★非難が殺到したアメリカのCM。
    トラックの荷台から転げ落ちたゴールデンレトリバーの子犬「バディ」が、苦難の末、ようやく家に帰り着きます。
    大喜びする飼い主の口から信じられない言葉が。
    「Oh!バディ!会えて嬉しいわ!」
    「だってGoDaddyで作ったサイトで、あなたはもう売れてたのよ」
    バディは業者の車に積まれ、「ドメインとウェブサイトをGoDaddyでゲットしよう」というメッセージで終わります。
         
    動画の拡大はこちら

  • ★2013年8月の広島土砂災害には多くの災害救助犬が出動しましたが、その中の1頭の夢之丞(ゆめのすけ)は、動物管理センターで殺処分寸前に、NGO ピースウィンズ・ジャパン(PWJ)に引き取られました。その引き取られたところから広島に出動するまでの感動の動画です。
    関連記事:【画像特集】広島土砂災害で頑張る災害救助犬たち
         
    動画の拡大はこちら

  • ★オードリー・ヘップバーン出演のチョコレートのCM。しかしこの動画はフルCG! クオリティの高さに驚きます。
         
    動画の拡大はこちら

 
PAGE TOP ↑