*

サッポロ「極ZERO」は、なぜ国税に狙い撃ちされたのか?

公開日: 経済・科学

この記事の所要時間: 319

サッポロ「極ZERO」は、なぜ国税に狙い撃ちされたのか?

サッポロビールは20日、発泡酒として再発売する極ZERO(ゴクゼロ)の追加納税116億円を発表しました。

このため、2014年12月の最終予想利益の50億円は吹っ飛んでしまい、赤字転落となりそうです。

いったい極ゼロに何があったのでしょうか?

極ZERO 異例の販売中止と発泡酒への変更

サッポロは6月4日に、第3のビール(新ジャンルとも言います)の極ZEROの販売を中止し、7月に発泡酒として再発売することを発表していました。

今年1月、国税が酒税の適用区分を確認する目的で、極ZEROの製造方法の情報提供を要請してきたことが起因でした。

極ZEROは、サッポロ独自の新製法で、痛風の原因のプリン体や糖質をゼロにした業界唯一の商品です。

順調に売れ行きを伸ばし、同社にとって久々のヒット商品となりました。

私も去年から愛飲しており、6月4日の販売中止と発泡酒化の発表を聞き、すぐに買いだめに行きましたが既に店頭から消えていました。
冷蔵庫には、あと4本しか残っていません-_-;

新ジャンルの税額28円に対し、発泡酒は47円ですので、新しい極ZEROは、350ml1缶あたり19円程度の価格アップとなるでしょう。

 

ビール類の酒税とは?

そもそもビール類の税額(税率)は、どのような差があるのでしょうか?

簡単に言えば下の表ですが、単純に麦芽比率だけでは決められていません。

発泡酒は「麦芽使用比率25%未満」ですが、第3のビールは「発泡酒にスピリッツを加えたもの」(麦芽仕様比率50%未満の発泡酒かつ、大麦または小麦を原料とするスピリッツに限る)です。

う〜ん、よくわかりません。

しかも実際には、成分や製法についての「解釈」に幅があるようです。

ビール類の酒税額

ビール類の適用区分の決定方法

メーカーは新商品を発売するにあたり、どの適用区分になるか、成分表等の資料を添付して申告します。(税金は申告制ですからね)

しかし国税は、申告された成分等に食い違いが無いか、独自の検査部門で、克明に成分分析しています。

今回、その検査の結果、ゴクゼロは第3のビールに該当しないと判断し、サッポロに製法の照会をかけたのでしょう。

ビール会社は、国税の怖さを知っていますから、故意に成分をごまかすようなことをするはずがありません。

サッポロは驚き、自社で成分を洗い直しますが、やはり第3のビールとして問題ないとの結論しか出ません。

サッポロは、何度も国税にお伺いを立てますが、国税からの返答はありません。

日数が経つ程、国税が発泡酒として課税してきた時に、販売額(納税額)とその延滞税が膨らみます。

サッポロは、いつまでも停滞するよりはと苦渋の決断をし、ゴクゼロの販売停止と、それまで販売した分を発泡酒として再計算し、自ら追加納税することにしたわけです。

本来は価格に転嫁し、消費者が支払うべき発泡酒との差額をサッポロが負担し、116億円のまる損となりました。

 

発泡酒 国税との戦いの歴史

発泡酒という適用区分は以前から有り、麦芽比率は67%未満と規定されていました。

サントリーが1994年に、麦芽比率の低下による味への影響を原料や酵母,醸造技術で解決した、麦芽比率65%の発泡酒「ホップス」を発売し、翌1995年にはサッポロも参入する等、順調に市場を伸ばしました。

酒税は大口の税収源ですから、国税は発泡酒を目の敵にし、麦芽50%以上の発泡酒をビールと同じ税額に変更しました。

企業努力を無にする暴挙との非難があがりましたが、国税はそんなこと歯牙にもかけません。

しかしサントリーはさらに技術開発を重ね、麦芽比率25%の製品を発売し各社も追随。
その後も発泡酒市場は拡大しました。

そこで国税は、2003年に再度酒税法を改定し、今度は発泡酒の麦芽比率ではなく、税額そのものを上げました。

 

サッポロはなぜ国税に狙い撃ちされたのか?

国税が発泡酒の税額アップを果たしたその時に、サッポロがビールでも発泡酒でもなく、リキュール(発泡性)に分類されるため税額が安い「ドラフトワン」を発売しました。

サッポロが開発したこの第3のビールは、値上げになったことで縮小した発泡酒の市場を引き継ぐカタチで売上を伸ばします。

国税はコケにされたと怒り、サッポロに目にモノを見せてやる機会をうかがっていたのでしょう。

そこに、これまでにない新製法で、しかも売れている(税収が大きい)商品がサッポロから発売されました。

国税は、重箱のスミを突きまくって、極ZEROに何らかの「穴」を見つけたのでしょう。

国税がイヤラシイのは、その「穴」が何なのかを言わないことです。

極ZEROのどこがいけなかったのか分からないまま、サッポロは屈服し、巨額の特損を出しました。

また、国税がみつけた「穴」が分からないまま、今後の製品開発をしなければならないのは、サッポロはもちろん、他のビールメーカーの大きな足かせとなるでしょう。

他メーカーは、自社の既存製品が国税のターゲットにならないかということも戦々恐々だと思います。

検察特捜部と同じで、国税が立件すると決めたら逃げられないことを、ビール業界に知らしめる結果となりました。

それも国税の思惑だったのだと思います。

 

スポンサードリンク

スポンサードリンク

関連記事

2015年度エコカー減税を簡単解説 4月から負担が増える?

4月からエコカー減税が変更になります。 適用基準が厳しくなり、多くのクルマで負担が

記事を読む

PM2.5飛来分布予測 そもそも予測データの取得方法は?

中国から日本へ大量に飛来する迷惑物質PM2.5。 観測機関によって飛来分布予測が大きく

記事を読む

幸楽苑が290円中華そばを廃止! この経営判断は間違いだ

ラーメンチェーンの幸楽苑が、文字通りの「看板メニュー」290円(税別)の中華そばを廃止すると

記事を読む

デング熱は以前から日本で感染が発生していたのでは?

デング熱の感染者は拡大が止まらず、6日18時現在、14都道府県、74人となりました。

記事を読む

トヨタ・マツダ業務提携記者会見 具体的プランは発表されず

13日、トヨタとマツダが業務提携に関する共同記者発表会を行ないましたが、具体的な製品や時期に

記事を読む

Comment

  1. yamada akiko より:

    酒類は生活にどうしても必要というわけではないので、一種の贅沢品とみなして税金をとるというのが酒税法。そもそもこれっておかしくない?であれば「ジュース」だって「どうしても必要なものではない」ので贅沢品になってしまう。そもそも一般感覚で酒類全般は贅沢品なんだろうか?感覚的に、違うと思う。また自分で酒を作れば「密造酒」になってしまうのもヘン。おそらくこんな法律を維持してるのは日本だけのはず。酒税がある国は日本以外にもあるけれど、自宅で酒を作ってはならないなんて国は日本だけだ。だってそもそも酒っていうのは自然発酵物なので、基本はパン作りと何ら変わらない。液体の糖類に(たとえ空気中のものでも)酵母がまざれば、酒なんか自ら意図せずとも勝手にできてしまうものなのだから。それにそもそも酒類区分ごとに税率が違うのも、おかしいというかヘン。現実を無視してる。たとえば海外に行けば、日本では(バーで注文でもしない限り)お目にかかれない様々なアルコールカクテル飲料が多く販売されています。なんで日本では販売されていないかって言うと、酒税法で区分できないものは販売しちゃいけないからなんだそうです。この延長でたとえば海外では「保存料にブランデーを使用している食品」が多くあるけれど、酒税法が理由で日本には輸入されないし、製造もできない。で、、やむなく身体に悪い人工保存料を食べさせられたりしてるのです、日本人は。つまり酒税法そのものが、時代にあわないのですよ。消費税を15%とかにするときに、無くしちゃってもよいのでは??と思います。

yamada akiko にコメントする コメントをキャンセル

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

スポンサードリンク


  • ※PCでご覧の場合、動画下の『動画の拡大はこちら』をクリックするとポップアップが開きます。ポップアップ画面以外をクリックすると元に戻ります

  • ★熊本地震直後の道路が寸断されていた時期。
    2人の中国人青年が、福岡から南阿蘇の避難所まで片道約130kmの距離を、往復12時間以上掛けて、支援物資を運びました。
    最後に青年はこう語りました「私の名前を覚えて欲しくない。今日の支援品を寄付した在日中国人70人を代表した『中国人』という名前で覚えて貰えばいい」
    かっこよすぎます。
         
    動画の拡大はこちら

  • ★再生回数170万回!
    ホンダ熊本工場に隣接するHSR九州で Enjoy HONDA 熊本 2015で行なわれた『Honda Racing 2&4 パフォーマンス』。
    スーパーGTの NSX CONCEPT-GT と、2013年型 Moto GP RC213V のバトルです
         
    動画の拡大はこちら

  • ★Enjoy HONDA 熊本 2015で行なわれた『Honda Racing 2&4 パフォーマンス』。
    スーパーGT 3.4L時代のマシン HSV-010 GTと、昨シーズンのMoto GPチャンピオンマシン RC213V のバトルです
         
    動画の拡大はこちら

  • ★同じくEnjoy HONDA 熊本 2015で行なわれた『交通機動隊の白バイデモンストレーション』。
    超絶テクニックを軽々とこなします。
         
    動画の拡大はこちら

  • ★日産の #熱駐症 ゼロプロジェクトの動画。
    駐車中の閉め切った車内は急激に温度が上昇し、炭酸飲料のペットボトルや缶のフタを飛ばし、コーヒーは溢れ出し、食べ物は溶け出し、感熱紙の文字は消え、そしてチャイルドシードの、、、
         
    動画の拡大はこちら

  • ★K9(警察犬)の判断力の凄さが分かる動画です。
    まず、トレーナー(黒マスクの男性)から指示されると、初対面の黒人男性を即座に警護対象者と認識。
    暴漢役を含め、複数の人が次々と頭を撫ぜたり、警護対象者と握手をしたりしますが、K9は伏せの姿勢のまま。
    しかし、暴漢役がナイフを取り出した瞬間に腕に咬みつきます。
    暴漢役の防護服を認識している(怪しんでいる)点はあるでしょうが、武器や攻撃行動を察知する判断力とそのスピードに驚嘆します。
         
    動画の拡大はこちら

  • ★アメ車のシボレーのCM。
    ですが、クルマはほとんど出てきません。
    年老いたゴールデン・レトリバーと飼い主の若い女性との思い出のシーンが流れます。
    私は、ボーイフレンドに唸り声を上げるところがお気に入りですw
    ただ前半は、犬がずっと老け顔で(顔の毛が白い)、女性も年齢が変わらないように見えるので、時間の経過が分かりにくいのが欠点です。
         
    動画の拡大はこちら

  • ★世界中で話題になったパンパースのCM。
    赤ちゃんの1歳は、ママになってからの1周年。
    そのママに贈る、パパからのサプライズです。
         
    動画の拡大はこちら

  • ★ハロウィンには、孫達も友達の家を回ってお菓子をもらってました。
    アメリカのTV番組での「子供が貰ってきたハロウィンキャンディーを、親が食べてしまったと言った時の子供の反応をYouTubeに投稿してください」の2015年版です。
    子供にとっては、たちの悪いイタズラですが、爆笑してしまいます。
         
    動画の拡大はこちら

  • ★同じくハロウィンキャンディーの2013年版。
    個人的には、この年のが一番面白いと思います。
    涙が出るほど笑えます。
         
    動画の拡大はこちら

  • ★泣けるCM
    岩手県の音楽教室のCM。娘の結婚式で父親がつたないピアノを弾き始めます。その理由は?...泣けます
         
    動画の拡大はこちら

  • ★【閲覧注意】運転中にメールしていたために、多くの人の運命が変わってしまう「安全運転啓発CM」。事故の瞬間や事故対応の様子がとてもリアルに描かれています。
         
    動画の拡大はこちら

  • ★ブラジルの「どっきりカメラ」の番組が、たまにはいいことをしようと、障害者用駐車スペースに停めた健常者のクルマに、ポストイットを貼りまくってお仕置きをしました。
    使ったポストイットは1万枚。車いすマークもきれいに描かれています。
    戻ってきたドライバーは、皆に見られ、冷やかされながら、必死で剥がそうとしますが、ほとんど剥がれません。
    白バイ警官が証拠の写メを撮っている中、逆上しながら走り去って行きました。
    第1弾はこちら→車いすマークペイント編
         
    動画の拡大はこちら

  • ★非難が殺到したアメリカのCM。
    トラックの荷台から転げ落ちたゴールデンレトリバーの子犬「バディ」が、苦難の末、ようやく家に帰り着きます。
    大喜びする飼い主の口から信じられない言葉が。
    「Oh!バディ!会えて嬉しいわ!」
    「だってGoDaddyで作ったサイトで、あなたはもう売れてたのよ」
    バディは業者の車に積まれ、「ドメインとウェブサイトをGoDaddyでゲットしよう」というメッセージで終わります。
         
    動画の拡大はこちら

  • ★2013年8月の広島土砂災害には多くの災害救助犬が出動しましたが、その中の1頭の夢之丞(ゆめのすけ)は、動物管理センターで殺処分寸前に、NGO ピースウィンズ・ジャパン(PWJ)に引き取られました。その引き取られたところから広島に出動するまでの感動の動画です。
    関連記事:【画像特集】広島土砂災害で頑張る災害救助犬たち
         
    動画の拡大はこちら

  • ★オードリー・ヘップバーン出演のチョコレートのCM。しかしこの動画はフルCG! クオリティの高さに驚きます。
         
    動画の拡大はこちら

 
PAGE TOP ↑